募金するよ。

今回の豪雨で被害に遭われた地域の皆様にお見舞い申し上げます。

以前、避難生活を経験した身ですのでこれからの参考になればと。

まずはとにかく自分を大事に。
どうしても気張ってしまうし、避難所での生活はかなりのストレスになってしまうので
どうか自分に優しくしてください。

もし自宅に入れるようだったら自宅の片付けの前に外観、内観の写真を撮りましょう。
自治体での罹災証明書の取得や保険金の請求の際に役に立ちます。
まずはガスの元栓をしめたりブレーカーを落として二次災害を防いでください。
とりあえず貴重品、思い出の品等の必要なものを持ち出して
必ず自衛隊やボランティアの皆さん、自治体から派遣された業者さんが来てくれますので
無理しないようにしてください。

震災がつなぐ全国ネットワーク(震つな)
ここのブログにある水害にあった時に、というパンフレットが大変わかりやすいです。

難しいとは思うのですがどうかできるだけ
心の健康を第一に過ごされてください。

さて、被災していない私たちに何ができるのかというと
ぶっちゃけ今、何にもできません。
物資をもって現地に行こうにも道路は復旧中
まだ自治体によるボランティア受付も始まっていませんし
今すぐ何かしたい、という気持ちは募金にしませんか?
SNSが発達した今、避難所により足りていないもの、欲しいものは拡散されて
自治体の元へと届きます。
対応に追われている自治体への電話はやめましょう。
被災者の皆さんからの電話が優先されるべきです。

現地で素人である我々ができることは無いに等しいです。
ボランティア受付が始まってから被災地へ行きましょう。

ふるさと納税で募金
24時間テレビインターネット募金
平成30年7月豪雨緊急災害支援募金(Yahoo!基金)

少しでも被災地の皆様の役に立てますよう、微力ながら募金してまいります。